私の実践報告 - 糖尿病を3日で改善した食事療法とは?


私が実践し、糖尿病が3日で改善したのはコチラの食事療法です。


このマニュアルに書かれている内容の1つとして、「玄米」について詳しくお話をさせて頂きます。
多くの人が体に良いと思っている玄米。
実は、食べ続けることによって糖尿病だけではなく他の病気にかかる危険をも伴っています。
あなたは、耳を疑ったかもしれません。
でも、これは著者の根本氏が長年に渡る研究の末、実証された結果なのです。

玄米に含まれるアブシジン酸という物質は、体の中の活性酸素を増やします。
活性酸素とは、簡単に言うと体に入ってきた病原菌を攻撃するもので、病気になることを防ぐ物質です。
いかにも体に良さそうに聞こえるのですが、実は、これがネックなのです。

本来、人間はこの活性酸素を使って体を守っているのですが、この活性酸素が増えすぎてしまうと、なんと自分の体まで攻撃してしまいます。
その結果、糖尿病をはじめ、様々な病気の原因となるのです。
では、一体どうすれば良いのでしょうか・・・。

ご安心ください。
著者・根本氏の研究で分かった理想の食事とは、ミネラルの吸収を阻害する有害なフィチン酸やアブシジン酸を含まず、ミネラルなどの体に必要な栄養を摂れるものです。
これは糖尿病をはじめとする、あらゆる生活習慣病に驚くべき効果を得られる特効薬ともいえます。
この著者・根本氏の食事療法を使って理想の食事を摂りつつ、注意しなければならないのがアブシジン酸の存在です。
最近は食品マイレージという言葉も浸透してきましたが、地産地消という言葉に基づいて購入すると共に、ある物質に注目して食品を選ぶことと、アブシジン酸を除去するために2つの方法に従って調理することを忘れないでください。

ちょっとした工夫の違いで糖尿病はぐっと良くなるのです。

もっと詳しく知りたい方は、是非こちらをご覧ください。
dummy dummy dummy